会長挨拶

スローガン

笑門来福(しょうもんらいふく)

 

共に学び、共に笑い、共に幸福をわかち合おう。

所信

皆さんは、活動を共にするなら、いつも笑顔の人と、いつも苦虫を噛み潰した顔をした人では、どちらと時間を共有したいですか。僕は、仕事で疲れて帰宅したとき、玄関を開けると子供たちの笑い声が聞こえてくる、それだけで心が元気になります。

いろいろな笑いの表現をすることのできる動物は、人間だけだと言われています。

それなら、同じ時間を共有していくのであれば、笑顔でいたいものです。

 

本年度蒲郡商工会議所青年部は創立40周年を迎えます。これまでの先輩方が築いてこられた歴史を再確認すべく、今後の蒲郡YEGを考える重要な1年となります。

会員数90名を超える組織となり、今後はこの人数ならではの新たな例会や事業に挑戦することができます。しかしながら会員数の急増により入会3年未満のメンバーが半数以上を占めるのが現状です。このような状況下の中、組織の伝統を守りつつ、どのようにして新しい文化の創造に向けて帆を進めて行くべきかを考える節目の年となります。個人や企業、組織においての成長には必ず明確な「ビジョン」や「理念」が必要だ、そこで創40周年を迎える今、共通理念を根幹に、蒲郡YEGメンバー間でお互いを尊重し合い、相互に理解を深めながら、共に学び、共に笑い、共に幸福をわかちあいましょう。

 

先を見据えた更なる会員の増強

この組織の特徴を大いに伝えるべきだと僕は思う。例えば、同じような業界の話題は、仲間内では盛り上がるかも知れない、しかしその世界とは関係ないひとが聞いていても、まったくもって面白くない。もっと自らのアンテナを広げて、業種やジャンルを超えて自分の存在感を示せることのできるのが、この組織素晴らしさだということを。

 

これからのシティーセールスを共に考える

最近ではインフルエンサー(世間に影響力のある行動を行う人物)といわれる発信力のある方々がいます。そういったインフルエンサーを活用することも必要だが、このまちの魅力を一番理解している我々に求められているものは何なのかを探求していきたい。

そこには、限られた時間でこの蒲郡に興味、関心を持って頂くためのプレゼン能力も求められるであろうし、そこで最も大切な「誰が伝えるか」を共に考え人間力の向上に繋げていきましょう。世のため人の為に、ひいては自分の為になるということを踏まえて。

 

40周年記念事業

なぜ40周年式典・事業を開催するのか、周年式典・事業とは、これまでこの蒲郡YEGを維持することができたことへの感謝と、それを支えてきた諸先輩方への感謝の意を表す良い機会となります。

もちろん、親会である蒲郡商工会議所や関係各所への感謝の気持ちも忘れてはなりません。

そして、なによりもっとも大切なのはこの組織を今現在も支えてくれているメンバーの皆さんです。皆さんに感謝することは、「これから先も共に頑張ろう」という蒲郡YEGからのメッセージでもあるのです。

この思いを明日への活力に繋げ、10年後、20年後の蒲郡YEGへ、そしてこのまちの発展へと繋げていきましょう。

 

蒲郡商工会議所青年部

平成31年度会長 小田 直宏