会長挨拶

スローガン

変革と挑戦!

 

~今の活動こそが明るい未来を創り出す~

所信

新型コロナウイルスの感染拡大により、日々見慣れた景色が変わりました……

企業のあり方、人々の営み、教育の様式、地域の取り組み、そして今後訪れるであろう経済不況に対し、私たち地域を支える青年経済人として、今何をしていくのか、何をしていかなければならないのかを考えさせられます。

固定観念を捨て、柔軟な視野のもと、新たな行動をしていくことが必要になると考えます。どのような時代にも自らの成長は必要不可欠です。持続的成長を遂げていくには、その時代の変化とともに、自らも変わり続けることが必要となります。10年、20年先を見据え、未来を担う子どもたちの育成、他団体との協働、市民を巻き込んだまちづくり、そして地元企業の発展こそが明るい未来を創り出すと考えます。

変革と挑戦の志のもと、蒲郡商工会議所青年部(蒲郡YEG)同志共に成長していきましょう。

一年間宜しくお願いいたします。

 

蒲郡YEGから取り組む他団体とのシティセールス活動

まちおこしを目的とした活動は、日々多種多様に行われております。行政はもちろんのこと、我がまちにおいても多くの精力的な団体が存在します。各々の思考と経験を取り入れ、協働で活動および情報交換することで、より多くの発信と経済効果が期待できることと考えます。また、互いに同じ志をもった団体の成長に繋がることで持続的かつ異世代に向けたシティセールス活動を目指します。

 

地域活性への誇れる文化の伝承と新たな文化の創造

近年、少子高齢化、核家族化にともない、地域の祭事、行事が減少傾向にある中、人と人との繋がりが希薄化していると考えます。市民一人一人が郷土を愛し、互いに助け合い、労働に誇りを持ち、社会性を養うことへの意識の変革が必要であると考えます。

継がれ続ける歴史のなかで、変わらない伝統を守り、躍動する文化の創造に寄与することで市民を巻き込んだ地域の活性化を目指します。

 

未来を担う子どもたちへ次代を見据えての育成

まちの発展には何が必要かを考えます。

豊かな観光資源、美味しい食材、多くの雇用を提供する企業……

次代を見据えたとき、子どもたちの育成こそ重要課題だと考えます。学校教育では体験できない、様々な魅力ある地元企業や産業を周知する教養事業をつくりだすことで、郷土への誇りと、労働の大切さを育み、10年、20年先の地域と企業の発展を目指します。

 

近年訪れる会員減少への抑止

我がまちにおいて会員数100名以上誇るまちづくり団体は多くはありません。

しかしながら、蒲郡YEGも3年後には現会員の約5割が卒業を迎えます。なぜ、会員数が減ってはいけないのか、それは地域のオピニオンリーダーを目指すことにほかなりません。

大幅な会員拡大活動を行い、過去にない40名の新入会員の入会を目標とします。

新たな風を取り込むことで数年先を見据えた会員獲得に注力し、次代への活性化を目指します。

 

他単会との交流の増進

青年経済人として同じ志を持つ方々との交流は大切であると考えます。本年度は日本、東海ブロック、愛知県連へと出向者を輩出します。ブロック大会、YEGDAYなどの単会外事業に参加することで、様々な地域との情報共有を行い、会員の意識の変革を図ります。

また、本年度は蒲郡市と友好都市である浦添YEGが30周年を迎えられます。多数の会員で訪問し、更なる友好関係の向上と、次世代への継承に務めていきます。

 

蒲郡商工会議所青年部

令和3年度会長 笹野弘明